しばたの家

経営理念

01.jpg

江戸時代から残る家は、何とも風情があります。
なぜ長い年月が経っていても木材はきれいなままなのでしょう。それは木の乾燥方法でした。昔の木は、じっくり時間をかけて乾燥させた木を使っているのです。

柴田建設が使うのも自然乾燥の木。上質な木材を2~5年かけて乾燥させます。

この方法だと木の油分が抜けることなく乾燥できるので、色や艶・においがよく耐久性にも優れています。人工的に乾燥させた木材より割れにくくひずみにくいのが特徴です。自然乾燥することによって、木の細胞は生きており調湿効果も抜群です。

加湿や除湿に気を配る必要もないくらいです。
家を建てるときには、自然乾燥された木を、特性の違いによって使い分けます。
木のぬくもりを直に感じ住む人に快適で、しかも長く住むことのできる家。

様々な合材には絶対にかなわない本物の木の良さを大切にした家を建てていきたいと思っています。

  
まずはお問い合わせを

Archive

2020年1月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

[営業エリア]

『愛媛県』松山市 伊予市 伊予郡砥部町 伊予郡松前町 東温市 喜多郡 大洲市 西予市 八幡浜市 宇和島市 南宇和郡 四国中央市 新居浜市 西条市 今治市

Login